title



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

bloglank fc2 web拍手 by FC2

トップページ トラックバック(-) レス(-) --/--/--(--) --:--

---------------------------------------------------------------------


残念なリメイク


リメイク映画の醍醐味は音楽におけるカヴァーと同じでアーティストというフィルターを通しての作品の再発見といったところだと思うのです。
でも中にはオリジナルをただトレースしただけの様な、まるでカラオケで上手く歌おうとしているかのような残念な作品もあります。
私のお気に入りの映画で” es[エス]”という映画があります。
ドイツの映画でアメリカで実際にあったスタンフォード監獄実験を基に制作された映画です。普通の人が特殊な肩書きや地位を与えられると、その役割に合わせて行動してしまう事を証明しようとした実験でリアルに作り込まれた刑務所という閉ざされた環境で無作為に看守役と囚人役に分けてその行動を2週間に渡り監視するといううものです。
映画中では主役を囚人役となるひとりの男に据えていますが、実験者、看守、囚人それぞれの行動を交互に交えうまく狂気な心理を描いています。そんな秀作なのですが、この映画をリメイクしたハリウッドの映画 ”エクスペリメント” 。
なんというかこの映画、見る前からそんな気はしてましたがハッキリいって残念すぎる映画です。
ツッコミどころが多々ありますが、
①ハリウッド映画らしく主人公をヒーローにさせたいらしい。
このテーマでヒーローは要らんだろうと思うのだが、序盤はそれなりな展開だったものの中盤あたりから強い者には巻かれない的なノリになっていくという残念なけっかに。
②実験者がカメラって。
実験者の登場するシーンは序盤だけ。しかも助手らしき人物だけでその後は監視カメラで登場。謎の実験主催者って映画Cubeの手法をパクリました感がハンパないです。
③心理描写が雑。
このストーリーのキモは普通の人でも特殊な環境下ではヒトは狂気になり得るという心理プロセスを描く事にある筈が、起承転結の承を端折りすぎていて心理変化の怖さではなく、突然狂いだした狂人を見ている気分になってしまう。

この残念感はリュック・ベッソン監督の映画 ”ニキータ ”のハリウッドリメイク”アサシン”に通ずるモノがあります。
オリジナルが余りにスバラシイ作品というのもありますが、それだけにガッカリ感はかなりのモノ。恐らくこのハリウッドリメイクの”エクスペリメント” を先に見た後に” es[エス]”を見たとしても同じ感想かと。

散々言っといてアレだけれど見比べてみて解るという意味ではで観る価値はあるのかなと。


 




bloglank fc2 web拍手 by FC2

トップページ トラックバック:0 レス:0 2015/05/15(金) 01:24

---------------------------------------------------------------------


[映画]サンキュー・スモーキング


久々に「いい映画」を見た気分です^^

タイトルからも察しがつくけれどたばこネタのストーリーです。
主人公はタバコ研究アカデミーのスポークスマンで、要は広報部長ってやつです。
自称
「たばこ界のカーネル・サンダース」
タバコが「悪」とされる今を得意の話術で戦う日々の物語といったところ。
タバコに有毒マークを付けるなら、どうして車にはつけないのか?
よくよく考えるとタバコが原因の死亡者と車の死亡者じゃあ、車の方が多いのは明らかで、なるほど、とミョーに納得。
最後のオチもそー来たのね。というオチでクスリと笑えます^^
ストーリーがオマヌケなわけでもないのに軽妙なポップなノリは何なのだ?と思って調べてみるとこの作品の監督、アメリカの新人CM監督らしいです。しかも、賞をとりまくってるらしい^^;
で、この作品で映画デビューだそうです。
それを知ったら、なるほど納得。テンポのよさはこのヒトの持ち味かも
次回作に期待大^^

bloglank fc2 web拍手 by FC2

トップページ トラックバック:0 レス:1 2006/12/23(土) 00:42

---------------------------------------------------------------------


[映画]パッション


救世主イエスの物語。

特に宗教の信仰のない自分でも、クリスチャンたちがこの映画を非難する気持ちも分かるってもんです。

救世主であるイエスをやたらリアルに人間臭く描いていて、ともすればどこぞの怪しい宗教団体の様相を感じさせる。
そりゃあ、クリスチャンたちが非難するわな。

信仰心のない自分が客観的にみてみると、イエスが実在していたならば、この作品が描くような葛藤し怯える人間味のある姿という姿がむしろ新鮮味を感じました。

bloglank fc2 web拍手 by FC2

トップページ トラックバック:0 レス:0 2005/12/21(水) 19:12

---------------------------------------------------------------------


レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ


監督はフィンランド映画のアキ・カウリスマキ。
悪徳バンドマネージャーにだまされて、
ひと花咲かせようとアメリカにやって来たロシアのシベリア寒気団。
もとい、レニングラード・カウボーイズ。
そんなお上りさんの珍道中を描いたロードムービーです。
このいい加減な笑いはアキならではですな。
単純に笑えるのがいいです
巷にあふれる計算高い笑いとは対象的。
また、いなかっぺ丸出しのレニングラード・カウボーイズの面々&ローカルなアメリカ都市という組み合わせがナイスマッチ。
一昔前のB級の馬鹿さ加減を漂わせつつも、
シニカルな笑いも兼ね備えている秀作だとおもう。







bloglank fc2 web拍手 by FC2

トップページ トラックバック:0 レス:0 2005/10/04(火) 17:46

---------------------------------------------------------------------


グランブルー


素潜りの選手だったジャックマイヨールをリスペクトした作品。
実際に素潜りの世界大会は行われていたけど、
なにせ素潜りでどこまで深く潜れるかという競技のため記録の絶対的限界があり、
案の定、失神者死亡者続出で大会中止になったらしい。
幼なじみだった2人の男がそんな競技を通して深い友情を築いてく。
とにかく映像がキレイなんだよなぁ。
そして、どこか頼りないそれでいて真っ直ぐな男とそれをほっとけないガキ大将タイプの男という、
定番的な関係をスマートに暑苦しくない程度に描いてます。因みに私はいつも観る度に同じシーンで毎回涙してしまう。しかも二カ所。

bloglank fc2 web拍手 by FC2

トップページ トラックバック:1 レス:0 2005/09/26(月) 07:45

---------------------------------------------------------------------


ダンサーインザダーク


ミュージカル好きな女友達から、
とにかく観ろと勧められて観に行った一本。
チェコからアメリカにやってきた母子の無償の愛の物語。
キャッチコピーに

セルマは踊る 暗闇の中で
セルマは歌う 心の底から
セルマは祈る 息子ジーンのために

と、あるがまさにこれに全て云いたい事が凝縮されています。
ハリウッドによくある爽やかな感動(?)ではなく、
あくまで重く心に響く、涙なくしては観れない作品。
多分、同じシナリオでハリウッドがこの作品を作ったら、
こんなにも意味ある作品にはならなかったでしょう。
ところで主演のセルマことビョークはこの映画の音楽も手掛けている。
それまでビョークの音楽にイマイチ入りこめなかったのですが、
この作品の随所に流れる音楽にすっかりはまってしまった。



bloglank fc2 web拍手 by FC2

トップページ トラックバック:0 レス:0 2005/09/25(日) 23:12

---------------------------------------------------------------------


キッチン・ストーリーズ


より良いキッチンを作りだすために一般家庭に居座って行動パターンをリサーチする。というなかなか笑えるストーリーでかつ、笑えるだけでは終わらないヒューマンな余韻を楽しめる作品です。
淡々とした展開のなかに思わずクスリとしてしまうシーンが散りばめられてて、まあよくあるパターンではあるけれど、昼下がりのまったりした時間を過ごすにはもってこいの一本かと。



キッチン・ストーリー
お勧め度★★★★☆


bloglank fc2 web拍手 by FC2

トップページ トラックバック:0 レス:0 2005/09/24(土) 07:48

---------------------------------------------------------------------


サイドウェイ


中年男の親友2人で1週間の旅にでるという、いわゆるロードムーヴィーのスタイルの作品です。
一人は結婚直前で世渡り上手な遊び人で俳優、片やもう一人はバツイチでそれをウジウジ悩む作家志望というコミカルな親友設定だけど展開はヒジョーにほのぼの。フツーの日常を垣間見るような感覚でよいです。この作品を観ての感想は十人十色だと思います。現実的な日常的な作品だからこそ、自分というフィルターを通した感じ方が出来る、そんな映画だとおもいます。
ちなみにこの映画、2005年のゴールデングローブ賞作品賞ミュージカル/コメディ部門/脚本賞を受賞した作品みたいです。




サイドウェイ 特別編
お勧め度★★★☆☆


















bloglank fc2 web拍手 by FC2

トップページ トラックバック:0 レス:0 2005/06/12(日) 00:29

---------------------------------------------------------------------


2001年宇宙の旅を知らない?


今日、28歳の自称映画通なる人物と映画の話をしていたんだけど、そのヒトはあのSFの名作「2001年宇宙の旅」を観たことがないらしい(汗)
しかもスタンリーキューブリックも知らないらしい。そんなヒトがいるのかーと驚いた次第です。
自分と違うセンスにキョーミを持ったので自分が結構好きなヴィム・ヴェンダースの作品を薦めると、誰か大物俳優はでているかと聞かれてしまいました。
本人曰く弾丸かマフィアかスピード(要は車だの戦闘機だのといった類)がストーリーに絡めばよい映画となるらしい。
まあ、映画の何に魅かれるかはヒトそれぞれなのでしょうが、それよりなにより「2001年~」を知らない映画通ってアリなのだろーか?



2001年宇宙の旅お勧め度★★★★★





bloglank fc2 web拍手 by FC2

トップページ トラックバック:2 レス:1 2005/06/06(月) 20:47

---------------------------------------------------------------------


ホーム


footer


FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。